Shopifyで、Amazon Payments の配送先と請求先が同じになる不具合の対応について

Shopifyで、Amazon Payments の配送先と請求先が同じになる不具合の対応について
福水正太

福水正太

2021年09月25日

Shopifyの決済方法にAmazon Payを設定した際に、請求先と配送先の住所を別々に入力しても、 ユーザーには両方とも配送先が表示されてしまう不具合の対応について解説します。


【結論】ユーザーがAmazon Payを使用した際は、請求先住所に固定の文言を表示させる

商品を購入したユーザーへの請求はAmazon Payが行うので、ストア側は請求先を取得できないはずです。

そこで、今回のカスタマイズでは、

  • ユーザーが支払い方法で「Amazon Pay」を選択した時に
  • 注文完了ページ・注文確認メール・注文の編集メールの3箇所の請求先情報が記載される箇所に
  • 「Amazon Payにご登録の住所です。」というテキストを表示させる

ということを目的にします。

繰り返しになってしまいますが、対応するべき箇所は以下の3点

  1. 注文完了ページ
  2. 注文確認メール
  3. 注文編集メール

ここからは、①〜③の修正方法について解説していきます。

※全てコピペで完了するので、コードの知識がない方でも大丈夫です


① 注文完了ページ

管理画面左下の歯車マーク「設定(Settings)」→カートマークの「チェックアウト(Checkout)」→「追加スクリプト(Additional scripts)」の中に、下記のコードをコピペして、保存します。

See the Pen 注文完了ページ by 福水 正太 (@pegaro) on CodePen.


② 注文確認メール

管理画面左下の歯車マーク「設定(Settings)」→ベルマークの「通知(Notifications)」→「注文の確認(Order confirmation)」→「メール本文 ( HTML )」の中身を、下記のコードとそっくり入れ替えて。保存します。

※メモ帳でも良いので、必ずバックアップをとってから実行してください。

See the Pen 注文確認メール by 福水 正太 (@pegaro) on CodePen.


③ 注文編集メール

管理画面左下の歯車マーク「設定(Settings)」→ベルマークの「通知(Notifications)」→「注文の編集(Order confirmation)」→「メール本文 ( HTML )」の中身を、下記のコードとそっくり入れ替えて。保存します。

※メモ帳でも良いので、必ずバックアップをとってから実行してください。

See the Pen 注文編集メール(amazon pay) by 福水 正太 (@pegaro) on CodePen.


まとめ

以上で、Shopifyの決済で「amazon pay」を設定した際に発生する請求先住所の表示不具合に関しての対応は完了です。

※コピペするコードの中の「Amazon Payにご登録の住所です。」という箇所を変更していただければ、任意のテキストが出力できます

※②③に関しては、必ず事前にバックアップをとってから作業をしてください