logo

Shopifyの注文情報をGASでCSV出力する方法

Shopifyの注文情報をGASでCSV出力する方法

GAS(Google Apps Script)を使ってShopifyの注文情報を出力する方法について解説します。

注文情報には顧客の個人情報が含まれます。
スクリプトファイル、CSVファイルの管理について、
細心の注意を払った上でご使用ください。

プライベートアプリの作成

スクリプトを書き始める前にまずは、Shopify管理画面から アプリ管理 > プライベートアプリを管理する > 新しいプライベートアプリを作成する を順に押してプライベートアプリを作成します。(作成したアプリのアクセストークン・シークレットキーを使用してShopifyのOrders APIに接続します)

今回は注文情報を取得しますので、Admin APIの権限で注文管理に読み取りアクセスを設定してください。

プライベートアプリを作成したら、APIキー(アクセストークン)とパスワード(シークレットキー)が生成されるので、情報を控えておきます。



※アクセストークンとシークレットキーが第3者に渡るとストアの情報にアクセスできてしまいます。取り扱いには十分注意してください。万が一、漏れてしまった場合にはすみやかにアプリを削除することをおすすめします。

Apps Scriptの作成

今回は簡単な注文情報を取得するスクリプトを書いておきましたので、こちらを使用します。表示しているデータは、注文番号と合計金額にしています。

See the Pen Get Orders from Shopify Admin with GAS by 5bit-matsuda (@5bit-matsuda) on CodePen.


「yor-store.myshopify.com」をご自身のストアのホスト名に、<パスワード>を先ほど控えたAPIキーとパスワードに変更してください。

Scriptの実行

実行ボタンを押して実行しましょう。処理が完了したら、作ったスクリプトと同じフォルダにスプレッドシートとCSVが出力されているはずです。

まとめ

今回は、Shopifyの注文情報をGASでCSV出力する方法をご紹介しました。
説明下手で伝わりにくい点等あるかと思いますが、一人でも多くの方の助けになれば幸いです(^^)/

※この記事は2024年02月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容が古くなってしまう可能性があります。

\ShopifyでEC構築を検討中の方へ/

現在、Shopify公式は無料のお試しキャンペーンを実施しています。

Shopify

百聞は一見に如かずといいますが、ネット上で情報収集するよりも、実際にShopifyに触れるほうが何倍も効率が良いでしょう。

下記の案内ページからキャンペーンの詳細をご確認ください。

【1ドル×1ヶ月】CP実施中!!

サービス

Service

- プロジェクトプラン -

こんな方におすすめ!

  • これからShopifyでECを立ち上げるための支援をしてほしい

  • 自社で取ってきたShopify案件のディレクションや開発業務を任せたい

  • 自社サービスとShopifyを連携させたアプリケーションを作ってほしい

- サポートプラン -

こんな方におすすめ!

  • 自社でShopifyストアを立ち上げてみたが、やはり専門家がいないと厳しいため、相談できるパートナーがほしい

  • 自社で受けたShopify案件の一部を、Shopifyに強い開発者に相談したい

  • 開発してもらったShopifyアプリの保守やメンテナンスをお願いしたい

- SESプラン -

こんな方におすすめ!

  • ストアの改修や更新業務が忙しくなってきたため、色々な業務をお願いできて専門的なスキルを持っている人材がほしい

  • 自社でShopify案件が溢れてしまい、数ヶ月間、スピーディかつ自由に案件を依頼できる外部のパートナーがほしい

事例

Works

ストア開発/支援

Shopify Store

累計100以上のShopifyストア開発経験を基に、商材・業界ごとに無駄のないご提案~実装が可能です。また、既に公開されているShopifyストアを、技術的な観点から保守/サポートさせて頂いております。弊社が構築していないストア様も、ご加入が可能です。

アプリ開発

Shopify App

各ストアに特化したカスタムアプリだけでなく、Shopify App Storeに掲載できる公開アプリ開発のご相談・ご依頼を承っています。例えば、自社サービスで構築しているAPIとShopifyのAPIを連携~Shopify App Storeで公開することで、Shopifyを使用しているEC事業者に自社サービスをリーチさせることができます。