logo

【Shopify】product_id・variants_product_idのエクスポート方法を解説

【Shopify】product_id・variants_product_idのエクスポート方法を解説

今回の記事では、Shopifyでproduct_id・variants_product_idのエクスポート方法をご紹介していきます。

Shopifyの商品管理からもエクスポートで商品データを抽出することはできますが、これらの操作ではproduct_id・variants_product_idは含まれません。

今回はそんな時の対処法をお伝えしていきますので
ぜひ最後までご覧ください!

product_idとvariants_product_idについて

product_id

Shopifyにおけるproduct_idとは、Shopifyのプラットフォーム内で各商品を一意に識別するための固有の数字コードです。

これはデータベース内で商品を識別し、トラッキングや管理を行う際に使用されます。

variants_product_id

variants_product_idは、特定の商品のバリアント(異なるサイズ、色、素材などを持つ商品の異なるバージョン)を指し示すために使用されるIDです。

Shopifyでは、単一の商品に複数のバリエーションが存在することがよくあります。これらのバリエーションはそれぞれ固有のvariant_idを持ちますが、それらすべてが属する親商品のIDがvariants_product_idとなります。

商品個別で確認する方法

エススポートの前に、個別で確認する方法をご紹介していきます。
まずは確認したい商品ページへ移動しましょう。

  1. Shopify管理画面から「商品管理」をクリック
  2. 確認したい商品を選択します

商品ページのURLに注目してください。
「ストア名/products/8893440917778」というようなURLになっているのが確認できます。
こちらの「8893440917778」がproduct_idになります。

次にvariants_product_idの確認方法に移ります。

確認箇所は同じく商品ページです。
バリエーションの設置をしている商品ページの「バリエーション」を見てみましょう。
今回の参考では「黒」「白」のそれぞれバリエーションが設置されています。
こちらの赤枠部分をクリックしましょう。

バリエーションのページに移動しました。
こちらの赤枠で囲ったURL部分がvariants_product_idになります。

今回の場合は「48853106589970」が該当部分です。

個別商品のproduct_id・variants_product_idが確認したい際には、こちらの方法の方が簡単に確認できるかと思います。

エクスポート方法

では次にエクスポート方法について解説していきます。 
今回はShopifyアプリの「Matrixify」を使用していきます。

インストールはこちらから

インストールが完了したら以下の手順でエクスポートしていきましょう。

  1. Shopify管理画面から「Matrixify」アプリをクリック
  2. 「New Export」をクリック

  1. Format(フォーマット) を選択(今回はCSVファイル)でダウンロード
  2. 商品情報なので「Products」を選択
  3. 「Export」をクリック

エクスポートが完了したらDownload Exported Lile」をクリックしてファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたCSVファイルを見てみましょう。
赤枠部分のIDが「product_id」になります。

次にこちらの赤枠部分のVariant IDが「variants_product_id」になります。
以上がエクスポート方法になります。

まとめ

今回はproduct_id・variants_product_idのエクスポート方法を解説してきました。
また、商品個別で確認する方法も合わせて解説しています。

product_id・variants_product_idの確認・出力が必要な際はこの記事が参考になると幸いです。

※この記事は2024年05月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容が古くなってしまう可能性があります。

\ShopifyでEC構築を検討中の方へ/

現在、Shopify公式は無料のお試しキャンペーンを実施しています。

Shopify

百聞は一見に如かずといいますが、ネット上で情報収集するよりも、実際にShopifyに触れるほうが何倍も効率が良いでしょう。

下記の案内ページからキャンペーンの詳細をご確認ください。

【1ドル×1ヶ月】CP実施中!!

サービス

Service

- プロジェクトプラン -

こんな方におすすめ!

  • これからShopifyでECを立ち上げるための支援をしてほしい

  • 自社で取ってきたShopify案件のディレクションや開発業務を任せたい

  • 自社サービスとShopifyを連携させたアプリケーションを作ってほしい

- サポートプラン -

こんな方におすすめ!

  • 自社でShopifyストアを立ち上げてみたが、やはり専門家がいないと厳しいため、相談できるパートナーがほしい

  • 自社で受けたShopify案件の一部を、Shopifyに強い開発者に相談したい

  • 開発してもらったShopifyアプリの保守やメンテナンスをお願いしたい

- SESプラン -

こんな方におすすめ!

  • ストアの改修や更新業務が忙しくなってきたため、色々な業務をお願いできて専門的なスキルを持っている人材がほしい

  • 自社でShopify案件が溢れてしまい、数ヶ月間、スピーディかつ自由に案件を依頼できる外部のパートナーがほしい

事例

Works

ストア開発/支援

Shopify Store

累計100以上のShopifyストア開発経験を基に、商材・業界ごとに無駄のないご提案~実装が可能です。また、既に公開されているShopifyストアを、技術的な観点から保守/サポートさせて頂いております。弊社が構築していないストア様も、ご加入が可能です。

アプリ開発

Shopify App

各ストアに特化したカスタムアプリだけでなく、Shopify App Storeに掲載できる公開アプリ開発のご相談・ご依頼を承っています。例えば、自社サービスで構築しているAPIとShopifyのAPIを連携~Shopify App Storeで公開することで、Shopifyを使用しているEC事業者に自社サービスをリーチさせることができます。