logo

【越境編】Shopifyの導入事例・おすすめ機能を詳しく紹介

【越境編】Shopifyの導入事例・おすすめ機能を詳しく紹介

Shopifyで構築された越境ECサイトを、そのサイトごとの工夫・特徴を独自調査した上でまとめてみました。

後半では、今回の調査をもとに、越境ECでよく導入されていた機能やアプリを紹介しています。

ECサイト構築をShopifyで検討していたり、既にShopifyサイトを運用している事業者様・Shopify関連のお仕事をしている方はぜひ参考にしてください。

もっと色々なShopifyの事例を見たい方はこちら↓

Shopifyを使った越境ECサイトの事例

この記事では、Shopifyで構築された越境ECの事例を6つ紹介します。

とらや

とらや 参照元:とらや

羊羹が有名な和菓子の老舗店。国内向け・海外向けそれぞれでECを作っており、海外向けはShopifyで構築されています。※私がサイトを見た時は、商品はすべて完売状態だったので、カートページでの工夫は確認できませんでした。

KEWPIEUSA

KEWPIEUSA 参照元:KEWPIEUSA

マヨネーズで有名なキューピーの越境ECサイト。導入されている「アクセシビリティオプション」は他のストアに見られない機能です。

Bento&co

Bento&co 参照元:Bento&co

日本のお弁当箱、調理器具や食品を100カ以上の国へ販売しているブランド。自社でShopifyストアを運営するだけでなく、Ship&coというShopify送り状やインボイスを簡単発行できるアプリを開発しているベンダーでもあります。

Fake Food Japan

Fake Food Japan参照元:Fake Food Japan

Fake Food Japanは、リアルな見た目のフェイクフード製品を提供するオンラインストアです。ライフサイズのレプリカからiPhoneケース、キーチェーン、マグネット、ヘッドフォンジャックプラグ、イヤーピック、ビジネスカードケースなど、さまざまなカテゴリーの商品が取り扱われています。また、カスタマイズされた注文や卸売りの注文も受け付けています。

L&Co. JEWELS JAPAN

L&Co. JEWELS JAPAN参照元:L&Co. JEWELS JAPAN

ジュエリーブランド「L&Co.」は、1937年の創業以来、熟練のクラフトマンによって丁寧に制作されたジュエリーを提供しています。ブランドのコンセプトは、"変わりゆく時代と人生の中で色あせることのない輝きを纏う"というもの。ペアネックレスや誕生石のジュエリー、オパールコレクションなど、さまざまなアイテムが取り揃えられています。

GLOKEN

GLOKEN参照元:GLOKEN

「Global Kendamas Network Online Store」は、長野県松本市に拠点を置くケンダマの専門オンラインストアとして、様々な種類のケンダマを取り扱っています。特に「LEGAXIS - JAPAN - 2022 shape」や「Mugen Musou - INFINITY - CHIGIRI」などの高品質なケンダマが人気です。ケンダマの資格試験やケンダマワールドカップの情報も提供しています。

Shopifyの越境ECサイトでよく使われている機能

今まで紹介してきたShopifyの越境ECでよく使われている機能や工夫について、まとめてみました。

  • 言語・通貨の切り替えセレクターを表示
  • shop Payの4回分割を導入
  • 言語ごとの翻訳コンテンツ
  • 越境に強い物流サービスの導入

言語・通貨の切り替えセレクターを表示

言語・通貨の切り替えセレクターを表示

言語・通貨の切り替えセレクターを導入すると、多様な国や地域の顧客に対して、その地域特有の言語や通貨でショッピング体験を提供できます。これにより、顧客は自身の言語と通貨で商品情報を理解し、購入をスムーズに進めることができ、ユーザビリティの向上が期待できます。また、地域ごとのカスタマイズされたコンテンツは、ブランドの信頼性を高め、国際的な市場での売上や顧客獲得の拡大に寄与します。

shop Payの4回分割を導入

shop Payの4回分割を導入

Shop Payの4回分割支払いを導入すると、顧客は購入を手軽に行うことができます。4回分割支払いは、大きな一時的な支出を避けることができるため、高価な商品や大量購入の際の購入の障壁が低減します。これにより、コンバージョン率の向上やカート放棄率の低下が期待できます。また、分割支払いの選択肢を提供することで、顧客の購買意欲を刺激し、平均注文額の増加やリピート購入の促進にも寄与します。

言語ごとの翻訳コンテンツ

言語ごとの翻訳コンテンツ

言語ごとの翻訳コンテンツを準備すると、各国の顧客に対して適切な言語で情報提供が可能となります。これにより、顧客は商品情報やサービス内容を正確に理解し、購入の障壁が低減します。翻訳コンテンツは、ブランドのプロフェッショナリズムと信頼性を高め、地域ごとの文化やニーズに合わせたマーケティングが実現できます。また、言語の壁を乗り越えることで、グローバルな市場での競争力を強化し、売上や顧客基盤の拡大に寄与します。

越境に強い物流サービスの導入

越境に強い物流サービスの導入

ストアの表示だけではわかりにくいですが、越境ECをやっていくとなると、海外に商品を送るため絵の物流の仕組みが必要です。すでに国内で販売を行っている場合は、現在の物流のままで海外配送ができるようになるかを確認しましょう。もし、新たに海外配送をするための業者や契約が必要なら、国内外への配送を一手に対応できる物流サービスへの乗り換えも1つの選択肢です。

越境対応が可能な物流サービスの例

まとめ

Shopifyで構築された越境ECサイトの事例をさまざまなパターン別に紹介しました。

今回紹介した事例の中で、気になる施策や表現、機能などがあれば、あなたのストアにぜひ導入してみてください。

この記事が、あなたのEC運営のお役に立てれば幸いです。

もっと色々なShopifyの事例を見たい方はこちら↓

※この記事は2024年02月時点の内容です。今後のアップデートやShopifyの仕様変更等により、記事の内容が古くなってしまう可能性があります。

\ShopifyでEC構築を検討中の方へ/

現在、Shopify公式は無料のお試しキャンペーンを実施しています。

Shopify

百聞は一見に如かずといいますが、ネット上で情報収集するよりも、実際にShopifyに触れるほうが何倍も効率が良いでしょう。

下記の案内ページからキャンペーンの詳細をご確認ください。

【1ドル×3ヶ月】CP実施中!!

サービス

Service

- プロジェクトプラン -

こんな方におすすめ!

  • これからShopifyでECを立ち上げるための支援をしてほしい

  • 自社で取ってきたShopify案件のディレクションや開発業務を任せたい

  • 自社サービスとShopifyを連携させたアプリケーションを作ってほしい

- サポートプラン -

こんな方におすすめ!

  • 自社でShopifyストアを立ち上げてみたが、やはり専門家がいないと厳しいため、相談できるパートナーがほしい

  • 自社で受けたShopify案件の一部を、Shopifyに強い開発者に相談したい

  • 開発してもらったShopifyアプリの保守やメンテナンスをお願いしたい

- SESプラン -

こんな方におすすめ!

  • ストアの改修や更新業務が忙しくなってきたため、色々な業務をお願いできて専門的なスキルを持っている人材がほしい

  • 自社でShopify案件が溢れてしまい、数ヶ月間、スピーディかつ自由に案件を依頼できる外部のパートナーがほしい

事例

Works

ストア開発/支援

Shopify Store

累計100以上のShopifyストア開発経験を基に、商材・業界ごとに無駄のないご提案~実装が可能です。また、既に公開されているShopifyストアを、技術的な観点から保守/サポートさせて頂いております。弊社が構築していないストア様も、ご加入が可能です。

アプリ開発

Shopify App

各ストアに特化したカスタムアプリだけでなく、Shopify App Storeに掲載できる公開アプリ開発のご相談・ご依頼を承っています。例えば、自社サービスで構築しているAPIとShopifyのAPIを連携~Shopify App Storeで公開することで、Shopifyを使用しているEC事業者に自社サービスをリーチさせることができます。